百聞は一見に如かず!視覚効果が高いイラストの描き方を学ぼう!

イラストの有無が理解力を左右する

書籍や説明書に添えられるイラストは単なる穴埋めや装飾ではなく、読む人の理解力を向上させる効果があります。同じ文章でもイラストの有る無しで内容を正しく読めるかどうかが大きく変わるためです。文章を読むと頭の中で整理して内容を理解しますが、イラストがあればその構図に基づいて整理するので、時間をかけずに理解することが出来ます。これは人の脳が文章よりも画像に影響されやすい性質があるためです。そのため、イラストが文章に合っていないと誤った認識に誘導させてしまうおそれがあります。イラスト作成は文章の内容に合致させた構図にすることが正しく読んでもらうための重要な条件です。

印象に残るイラストは構図や配色にこだわりがある

イラストは様々な描き方がありますが、印象に残るものはその多くが構図や配色のバランスが良い特徴があります。バランスが良いイラストは自然な仕上がりになりつつもインパクトが強く、一見しただけで印象に残るのが特徴です。逆にバランスが悪いと、いくら派手な作りにしても印象に残らず、雰囲気も良くないものになってしまいます。バランスが良いイラストにするには構図や配色について学び、見る人が心地良い作りにすることが重要になります。近年ではパソコンソフトの普及により、誰でも手軽に作成が出来るようになりましたが、バランスの良いイラストに仕上げるには正しい知識と豊富な経験が必須であることは変わりません。専門の教育を受け、基礎を会得するのが他とはひと味違うイラストを作るコツになります。

イラスト講座では、基礎的なデッサンや彩色の方法など、さまざまな技術を学ぶことができます。プロのイラストレーターとして活躍したい方に適したコースもあります。