ビジネスをしているならばファクタリングを理解する

どのように事業資金を集めるのか

ビジネスをしている人は、お金に関してシビアな人は多いです。特に、中小企業を経営している人は売掛金が発生した場合にはお金に関して異常に敏感になることも少なくありません。売掛金とは、自分の会社が商品やサービスなどを提供し、その代わり相手からお金を貰う債権のようなものです。いずれ現金化することになりますが、ビジネスの現場においては取引きがあってから現金化するまで 2カ月ないしは3カ月かかることが少なくありません。

そこで、そのあいだに事業資金がなくなってしまいますのでファクタリングを利用してお金を集めることが多いです。ファクタリングは、3社間で行われるものと2社間で行われるものがあります。

どれぐらいのお金を手に入れることができるのか

ファクタリングを利用するといっても、どれぐらいのお金が手に入るのかわからなければなかなか利用しようと思わないでしょう。そこで、実際にどれぐらいのお金が手に入るかを見てみると、これは3社間と2社間によって随分と異なります。3社間の場合には、売掛金の95パーセントから98パーセントぐらいのお金を手にすることがほとんどです。この場合、売掛金は完全にファクタリング会社に渡していますので、ファクタリング会社の方も確実に現金を受け取ることが分かっているからです。

一方で、2社間で行う場合は75パーセント前後のお金しか手に入れることができません。その理由は、債権譲渡をしておらず契約後も売掛金がファクタリングの依頼者のところにあるからです。この場合だと、依頼者は二重にファクタリングの契約をしてしまうことがあり、この場合確実にファクタリング会社にお金が入ってくるとは限りません。

ファクタリングには取引先の同意を得て3社間で契約するタイプと、取引先の同意を必要としない2社間で契約するタイプがあります。