人件費を減らしたいときはどうする?長時間労働を減らす方法は?

人件費を減らしたいときに相談

会社の経費の中でも大きな割合を占めているのが人件費でしょう。日本では社員として一旦雇用すると簡単には解雇ができないケースが多く、安易に採用を進めてしまうとより人件費の負担が重くなります。その時に相談をしたい専門家として社会保険労務士がいます。社会保険や労働保険の相談の他就業規則の相談にも応じてくれるので、人件費を減らすための就業規則作りなどにも対応してもらえます。人件費を減らす方法としては企業が負担する社会保険料の減額があり、社員に支払う給料は同じでも社会保険料のみを減らせるときがあります。給料に関しては就業規則に準じないといけない部分もあるため変更が必要になるでしょう。その他にもいろいろな方法の提案をしてもらえます。

労働時間を減らすための相談

海外では労働者が過剰になったときはレイオフにより一時解雇ができます。一旦労働者を解雇して人件費を減らし、人が必要になったときに再雇用する仕組みになります。日本ではレイオフの仕組みがないため、それぞれの会社では各労働者に時間外労働つまりは残業をしてもらって繁閑の差を埋めざるを得ません。人によっては時間外労働の時間が長時間になるときもあり、それがもとで体調を崩すなどもあるでしょう。その時には社会保険労務士に労働時間を減らすための相談をしてみましょう。同じ仕事量を同じ力量の労働者がこなそうとしても労働時間は減りません。長時間労働をしている人の労働時間を減らすには余裕のある人に仕事を配分する仕組みがあり、その他労働者の能力アップ等の提案もしてもらえます。

社会保険労務士の就業規則は、労使双方の社内でのトラブルを避けるため、労働時間や休暇などの決め事を明文化するうえで様々なメリットがあります。